Darkside(https対応しました)

2008年6月27日(金) 17:28

OC反射光

 低出力励起だと、ピンホールの輝きが僅かに見えているだけで、かなり遮光がマトモなことが分かる。
 観察用のビデオカメラはスーパーナイトショットモード。スローシャッターによりS/N比を向上させるが、手持ちでは操作性が大きく落ちる。しかし、三脚を適切に設置するのが困難なので取りあえず手持ちにしてみる。

 中出力励起にすると、遮蔽の隙間から漏洩する輝きが明確に見える。
 ピンホール周辺も、かなり明るい。

 手持ちでも、何とか状況を確認できる。

 OCのマウントを六角レンチで傾斜させると、ピンホール周辺の輝きが移動した!
 移動方向はOCの角度に対応している。間違いない、遂にOC反射光の直接観測に成功!

 ここまでS/N比が向上していると、手持ちでもスーパーナイトショットが使い物になることも分かった。だが、肝心の共振は確認出来ない。光点をピンホールと重ねるようにしてOCを微調整してみるが、共振している気配が無い。

written by higashino [レーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4