Darkside(https対応しました)

2008年6月30日(月) 17:33

ステルス

 全く同一の装置を使い、1日違いの稼働。それなのに一方は共振し他方は共振しない。気温や湿度の影響があるかもしれない。共振は繊細な現象である。
 だが、もっとありそうな可能性として、共振していても分からないというのがある。

 共振しても理論上は脇からそれを知ることは出来ない。しかし、それまでは拡散していた蛍光が共振した瞬間に定常波に閉じこめられるため、OCに衝突するエネルギー密度が一気に上がる。傷のある光ファイバーの傷が輝くように、ガラス製品であるOCも一部が輝く。傷など無くても、エッジ部分が輝く。それを脇から観察することで、共振していると分かる。
 ピンホールの手前を覆う洋白板に、その輝きが反射してビデカメラに捉えられた訳だ。

 だが、明るい状態で改めて見ると、洋白板はかなり鏡っぽい。つまり、入射した輝きは特定の角度に反射され、そこから少しでもズレると観察出来ないのでは?
 角張ったデザインを持つステルス戦闘機と同じで、特定の角度から観察した場合しか見えない。かと言って拡散反射させれば強度が弱くなって観察出来ない。ピンホール周辺は拡散反射目的で白紙を貼ってある訳だが、共振時のビデオを見てもその部分は変化が確認出来ない。

 そこで、新たな洋白板を切り出し、ピンホールの左側に設置。これは遮光用ではなく、鏡としてOCを下から観察するためのものだ。これで共振によるエッジの輝きを捉えられるのではないか?

 しかし実際に試してみると、これまた共振しているかどうか判定出来ない。

 新しい洋白板はOC反射光を捉えてはいる気配はある。だが、エッジの輝きではなくOCそのものの反射している蛍光が写っているように思える。いずれにしろ共振時の鋭い輝きではない。OCのエッジは基本的にミラーマウントに覆われているため、エッジの輝きは本当に偶然に恵まれないと捉えられないのかもしれない。
 厄介ではあるが、数日前までとは全然違う。既に、現在の設計でも共振させることは可能だと分かっている。問題は共振するかどうかではなく、どうやって共振を検出するかである。

 OCは全反射とは言え0.1%ぐらいは透過するはず。定常波さえ出来ていれば0.1%でも十分観察可能なはずで、OCの真上にカメラを設置して真下を観察すれば、共振の瞬間に一気に強烈な輝きを捉えられると思われる。
 問題は励起LDの808nmが猛烈なノイズ要因となることで、1064nmだけを通すフィルターが必要だ。手持ちは1枚しかなく、それはOC調整用の観察に現在使っている。あれこれ実験していて、YAG基本波フィルターがどうしても2枚欲しくなることが多い。調達するか?

written by higashino [レーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4