Darkside(https対応しました)

2010年6月27日(日) 21:10

DC仕様で作り直し

 わざわざ基板を1つ用意して、TLP250 を設置。
 ACアダプター系とUSB系の信号を絶縁する目的である。

 最初は両者のGNDを共有して回路を組み始めたのだが、途中で不安になって安全策を採ることにした。
 USB接続のオシロで、プローブ設置先の電位を考慮せねばならない糞製品があるが、やっぱそんな設計は避けたい。

 自動再起動させたいルーターはDC12Vなので、アダプターから TLP250 の電源をいただける(紫と黄色)。
 電源をON/OFFするためのFETゲートドライブは白。
 白を黄色に10KΩでプルアップ。何もない場合は通電させたい。
 ピンヘッドはUSB-IOの出力と接続。逆差し保護にダイオード設置。

 ACアダプター接続端子と、スイッチング用のK2936。
 TLP250を使用するのでゲート4V対応品でなくてもいいのだが、最初はUSB-IOで直接ドライブを考えていた。

 それぞれを接続。

 FETのドレインには出力側GNDを接続。+12Vは入出力で共有。そして出力側の両極にショットキーバリアダイオードを取り付ける。これはコイルガンの方でお馴染み。回路のインダクタンスに起因するターンオフサージを逃がすための、フライホイールダイオード。

 全体の配線。

 やってることは単純なので、わざわざ回路図にするほどでもない。
 #5で外側がGNDで12V出力のACアダプターであれば、汎用に使える。

written by higashino [ネット・PC] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4