Darkside(https対応しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2020年11月28日(土) 21:19

加工ヘッド試射

 レーザー発振器とコンプレッサーを並べ、エアー配管も接続。CNC 2417 に取り付ける前に、動作試験を行う。実装していきなり動かしたら、ノズルが燃えました・・・とか嫌だからな。

 照準用赤色レーザーはノズル穴を通っているが、一部が遮られているのも確かなのでビームも通るとは限らない。

 ところが、コンプレッサーを動かしても圧力が上がらない。1気圧弱から、上がらない。
 少なくとも1.3気圧まで上がるはずだ。

 噴出するエアーの勢いも、明らかに弱い。

 構わずレーザー銃を発射し、厚さ1ミリのステンレス板を切ってみる。
 エアー無しの状態に比べるとマシで、切断は可能。しかし、これまた明らかにスラグの残存が酷く、風圧が落ちているのを裏付けている。

 ノズル先端には煤が付着して少し汚れがあるが、破損していない。
 ビームが穴を綺麗に通らずに接触している、ということは少なくとも無さそうである。

 となると問題は、エアー圧力が上がらないこと。
 確かに、エアーが漏れているような音がする。塗料カップを除去した跡の穴からも、エアーが漏れているように感じる。だが、水で塗らせた指を近づけても分からない程度だ、漏れている確信がない。
 ところが、穴を指で塞ぐと、音が変化し圧力も上がるようになった。

 ここに至り、やはりエアー漏れが存在すると判明。
 恐らく、ビームが確実に通るようにと4ミリドリルで穴を広げたとき、エアー導路を破損してしまったのだろう。

 ならばと、穴をオートウエルドで塞ぐ。

 せいぜい1.3気圧なのだから、これで強度に不安はない。

 期待通り、1.3どころかほぼ1.5気圧まで上がるようになった。
 噴出するエアーも、記憶通りの勢いを取り戻した。

written by higashino [レーザーカッター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4