Darkside(https対応しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2007年5月31日(木) 18:28

コイル再建開始

 アブない実験を楽しむなら数学や理科の知識もまあ直接役に立つが、実際に生活する上では殆ど役に立たない。少なくとも直接には。微分積分なんて出来なくても買い物に困らない。だから、「勉強しても結局は役に立たないだろ」と理系を避ける風潮がある(どんな科目でも風潮はあるが)。
 しかしそれは違う。理系科目の価値は知識を直接に活かすことよりも、論理的思考の訓練にある。理科でも特に物理。そして数学。これらは、勉強した内容を忘れてしまっても勉強したという行為自体が将来の財産となる。

 何かトラブルが発生した場合に、論理を組み立てて原因を推理することが出来るか?解決策の候補を挙げられるか?
 それらは理系科目による過去の「訓練」によって築かれる能力である。この能力が無いと、失敗した際に改良という行為が出来ず、「失敗は成功の母」とならない。
 コイルガンを作るような趣味の世界のみならず、実生活を送る上でも非常に重要な話である。今の時代、大抵の知識なんてググれば簡単に手に入る。知らなければ調べれば良いのだ。しかし論理的思考能力はそう容易には手に入らない。インターネット時代であっても、いや知識の不足を容易に補えるインターネット時代であればこそ、理系科目をサボってると決定的にハンデとなる。

 しかし、面白くもない勉強をするのは辛い。コイルガンなどヤバめの実験は眉をひそめられがちだが、楽しみながら理系の勉強が出来るという点で極めて有用だ。

 さて、コイル再建に取り掛かる。
 まずは1段目の5ミリコイルから。エポキシ接着防止のポリエチレン板を切り出し、砲尾用ポリカーボネイトワッシャーを切り出す。1段目の場合は更にピアノ線スリットを作る冶具も切り出さねばならない。
 いざコイルを巻く前の作業が非常に多い。

 以前使っていたSUS長ネジはコイルが引き抜けずゴミと化したので、新しく買って来た。

 1段目は0.35ミリのエナメル線をいい具合にほぼジャスト5メートル消費。
 ピアノ線用スリットを作る冶具は、前回より少し厚いポリエチレンを採用。

 このコイルは1〜3段目までを一体成形する予定だが、それが完成した段階でまずは3段式コイルガンとして実験を開始したい。使用パーツの動作確認という意味もある。

 1〜3段目まではコイル幅が違うため、これまたどっちが銃口側であるか迷う心配は無い。

 1段目コイルが半硬化状態で2段目コイルを巻く。0.5ミリのエナメル線を9メートル使用し、12ミリ強の幅である。
 1段目のピアノ線スリット冶具は、一度引き抜いてから刺し直してある。2段目を巻いた圧力でスリットが狭まるのを防ぐ。

 コイルガン10を始動させるまでにやるべき雑事は多い。特にコンデンサー充電器の製作。多段式では厳密な制御が必要であり、それなのに初期条件がバラついてはやりにくい。
 つまり、コンデンサーの電圧も安定していて欲しい。そうなると強力だが電圧変動の大きな初期の充電器ではなく、ストームタイガー用に製作したような外付けOPアンプを採用した充電器を作りたい。能力は20ワット級必要だ。

 コイルガン10は実験後に全長30センチ以内の大型拳銃タイプにまとめたい。それを睨みつつ充電器を作るとなれば、電源は8.4Vの電動ガンミニバッテリーとなる。また、Sタンク等ラジコン戦車への発展も考えると、7.2Vラジコンバッテリーでも動作可能としたい。システム規模を大きくしないため、2本ではなく1本で動かしたい。
 バッテリーの電圧変化も考えると、充電器の電源電圧は7.2〜9.6Vあたりで動作出来ればOKだろう。

 ニッケル水素4本のように電圧が低過ぎてFETドライブ電源を別に用意せねばならないという問題が無い。だから構造はストームタイガー用より単純になるだろう。

written by higashino [コイルガン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4