Darkside(https対応しました)

2009年1月31日(土) 18:02

裏側ぐっと楽

 青い半固定抵抗からオペアンプの5番ピンに青い配線で接続。もう1系統は通常のジャンパーでオペアンプの3番ピンに接続。前作では基板の裏側に茶色の配線を飛ばしたが、後で裏側の配線が相当に窮屈になってしまった。今回は可能な配線は表側に飛ばす。
 J607 のドレイン・ソース取り違えとかパスコン忘れとかが今回は無い。それに前回の反省点も覚えている。配線は相変わらず面倒だが配置の効率は非常に上がっている。

 青い半固定抵抗からのプルダウン5.1KΩも、既存配線を避けて取り付ける。

 オペアンプのパスコンも表側に設置。

 TLP250 の電荷タンクは今回も合体セラミックコンデンサーだ。24V給電端子を今のうちに取り付けておく。

 基板裏側に、厄介な3つ組ショットキーバリアダイオードを取り付ける。裏側の配線を可能な限り減らしたおかげで、設置がかなり楽になった。
 配線距離も前作より遙かに短縮出来ている。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4