Darkside(https対応しました)

2009年3月31日(火) 21:05

ドラムマガジン

 1/35ストームタイガーの時は、結局自動装填装置の開発まで進めなかった。

 当時の構想を試してみる。と言っても1/24にスケールアップしたからこそ余裕を持って実行出来る次第。弾倉はドラムマガジンとし、ゼンマイならぬギアドモーターで駆動する。
 大雑把に見ると、直径6センチあたりが無理なく搭載出来る限度か?

 外径6センチでも肉厚2ミリ必要になるだろうから、実質の内径は56ミリ見当。

 組み立てて実際のパチンコ玉を投下してみる。

 13個を格納出来るようだ。

 直径35ミリぐらいの円形にダンボール紙を切り抜き、中央動力部分の製作を開始。

 ドラム部分を戦闘室の低い位置に置き、上からジャラジャラとパチンコ玉を流し込むように出来れば、弾倉容量がかなり増やせそうだ。しかしその場合は空間的にドラムの直径が制約され、結局ロクに得になりそうにない。
 メインコイルへの配線が必要で、しかも配線は上下にも振り回される。その空間を確保せねばならないため、下から上まで円筒形に弾倉を建てようとすると直径が取れない。放電回路との干渉もあり、ぜんぜん太く出来ない。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4