Darkside(https対応しました)

2007年8月31日(金) 17:12

ウイークポイント

 砲身上下アームを製作。コイルガンを直接動かすものなので、強度が必要。

 4隅サスアームの製作にも使用した内径2ミリ外径2.6ミリのステンレスパイプに切れ込みを入れ、適切な長さに切り取る。これが、砲身に差し込む部分だ。
 例によって太さ2ミリのL字金具を切り取ってアームの曲がり部分に使う。

 ナットも含めて完全にハンダ付けだけで組み立て、強度を確保する。

 仮組みしてみる。

 関連パーツはいずれも小さいながら強度に配慮したものばかりであり、砲耳との接着部分が弱点となるのが明白。果たしてアクリダイン程度で十分な強度が確保されるだろうか?
 ハンダ付け出来れば良いが、どう考えても無理だ。一部のパーツを一度外せば出来るかもしれないが、既にハンダ付けが済んでいるパーツは位置を厳密に合わせたものばかりである。一度外すと元の精度が出ない。

 コイルガンを発射する際の衝撃はハンパではない。接着面積の小さなパーツは一撃で脱落してしまう。ここが外れるとアーム自体がすぐに抜けてしまうだろう。

written by higashino [コイルガン戦車 1/35] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4