Darkside(https対応しました)

2013年6月30日(日) 21:53

111回巻き

 巻いている最中に、ボビンが緩んで間隔が1センチより大きくなってしまい、焦った。
 何とか元の間合いに戻せたが、場合によってはアウトのこともあり得る。

 巻き続けると、広げようとする大きな力が発生するので、準備は油断できない。

 1周したことが分かり易いよう、印を付けてみる。

 将来に備え、6メートルが何回巻きに相当するかをカウント。111回だった。

 相変わらず製作は煩雑過ぎるため、精神力の限界から1日に2コイルが限界だ。休日なら3コイル作れるかも、と思ったが、やってられない。

 これが、放電回路の最終的な回路図。ローサイドとハイサイドの両方を記入した、回生型である。ローサイドもFETペアになっていることと、両サイドとも400μFの大容量コンデンサーを装備している。自分はハード製作をできるだけ手抜きしたい人なので、これでもこの回路は極限まで単純化してある。不要なパーツはいっさい存在しない。すべてが必然、無ければ安定動作は望めないものばかりである。それでも、ここまで複雑になってしまう。コイルガンの回路は地獄だ。

 でもってこの回路を実際に組むのがまだ面倒過ぎる。ユニット幾つか作って慣れても、何ヶ月何年と経過すれば自分でも忘れてしまう。そこで、組み立て手順を詳細に残すことにした。表サイトでは昔の放電回路について手順を載せているが、あれって運良く動いていただけの欠陥回路なんだよな(汗)
 で、いずれ最新回路を表でも公開したいのだが、サイト製作が手間暇掛かり過ぎる(だから表を更新していない)。そこで、ブログの記事を流用可能なように、はじめから考慮して記事を作ろうとの企てである。

 まず製作するのは、コイルガン1つにつき2ユニットしか必要としないハイサイド放電回路である。少数であるが、極端に製作が面倒臭い。まあ自分の作る回路の場合、製作を困難にしている理由の大半は「過度な小型化の追求」ではあるのだが (^_^;)

 最初に、J179のソース端子にジャンパー線をハンダ付けする。実はかなり後からハンダ付けしても間に合うのだが、これを取り付けておかないと「ハンドリングが不便」「端子を区別し難い」という問題が生じる。
 右の2つはK1593で、ここでは何も取り付けない。

 回路図では、赤で示した部分に相当する。

written by higashino [コイルガン戦車S] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4