Darkside(https対応しました)

2011年10月31日(月) 20:54

変化はあるが効果はない

 高周波ノイズの除去なら、コイルが効くはず。
 小さな電流でいいから強力にノイズを取り除ければ、フォトダイオードなどは S/N を改善できるかもしれない。

 小型コイル400μHをプラス12Vの先端に取り付け、コイル手前とコイル直後の波形を取ってみる。

 さすがコイルである。しつこい高周波ノイズが、明らかに除去されている。700〜800KHzが残ったのは、恐らく DC-DC コンバーターのスイッチング周波数だろう。しかし、ことレーザーにおいて問題なのはノイズの振れ幅であり、周波数ではない。高周波ノイズが低減されても、振れ幅は改善していないからコイルでは意味が無い。むしろ悪化気味ですらある。
 もちろんフェライトコアも駄目だろう。

 実際に試してみると、電源ノイズ低減しようとジタバタしても、大半が無意味。ここまで効果がない自己満足のオンパレードとは思わなかった。しかし、試してみることは意義がある。たとえ効果が無かったとしてもだ。
 DC-DC コンバーターの出力ノイズを単に面倒臭いから放置するのと、対策施しても効果がないと分かって放置するのは、やはり違う。
 もちろんシステムが破綻するほど大きなノイズなら何としてでも低減せねばならないが、これまでのところ容認可能なノイズレベルに留まっている。だとすれば、大して効果のない自己満足を追加するのはパーツ点数を増やし故障箇所を増やすデメリットだけが目立つ。

 フォトカプラと D/A コンバーターを合体させる。
 ハンダ付けの熱で配線が脱落してしまうので、フォトカプラ側に配線を取り付けたあとエポキシで固め、完全硬化を待った。

 ここはシステムの信頼性に直結する致命的なハンダ付け箇所なので、今度延々とこれを使って動作試験を行い、本番にも使う。わざわざ本番用を別に作り直したりしない。

 TLP250 では入力側LEDに通電すると出力はHだった。だが、TLP117 は論理が逆になる。入力に通電すると出力はLなのだ。これは、出力をHにキープする際に消費電力を減らせるメリットがある。だが、シリアル通信では余り意味がない。
 複数同時制御では論理が逆だと面倒なので、PICのI/Oピンはカソード側に接続する。吸い込みとして使うことで、L出力時にLED通電となるようにする。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

『タイトルなし』

ノイズの測定って出力オープンだとまずくないですか?
負荷有りで計った方がいいと思う

written by 通りすがり

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4