Darkside(https対応しました)

2015年12月20日(日) 21:12

作業準備

 共振器筐体に、一時的にフタをする。

 これにより、内部の光ファイバーは守られる。

 共振器筐体と合体予定の励起LD筐体に、ケーシングチューブ用の穴を開ける。直径6ミリ。

 最初に合体させるのと別のケーシングチューブは、仮にプラスチックケースに収納。
 これにより、神経を使うことなく安心して作業を進められる。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4