Darkside(https対応しました)

2016年4月30日(土) 21:09

犯人は2人かも

 いや、Q値も不足しているのかもしれない。
 今一度、別の構成を試さねばならない。

 すなわち、共振器内部にPCを抱え込まない構成で、OCの反射率が30%の場合である。

 バルク型で開放光学系を持つ光共振器の場合、安定条件がある。例えばYAGレーザーの場合、凹面鏡を2枚使って合わせ鏡にするのが普通である。ここで、両者の曲率半径の和よりも、両者の距離を短くする必要がある。さもないと、共振器は安定しない。

 安定条件を示す数式も存在する。

 だが、最近はそんなことを考えたことはなかった。ファイバーレーザーの場合は、光をファイバーコア内部に閉じ込めてレーザー発振させる。そこには、ミラーの曲率などという概念は無いし、光軸調整という概念も無い。ミラー間の距離という概念は存在するが、誰もそんなこと気にしているようには見えない。
 要するに、共振器の安定条件なんてファイバーレーザーには無関係だと思い込んでいたのだ。

 実際、無関係かもしれない。しかし、類似の問題で共振器が安定しない可能性は無いのか?
 PC(コンプ・コンバイナー)はガラス細工であり、そこを通過するコアは直径が小さく絞られる傾向にある。それによって透過光のロスが発生するが、単にロスになるだけではなく、共振器としての安定条件をj崩すような働きをしている可能性は無いのか?
 共振器内部にPCを3つも抱え込んだら、OCの反射率をどんなに高くしても共振不可能である。そういう可能性は無いのか?

 先のバルク型・開放光学系の安定条件は、ミラーの反射率は無関係である。不安定だとなれば、ミラーの反射率を高くしても不安定のままである。反射率は、共振器のQ値と関係するのであって、安定条件とは関係しない。

 構成次第では、OCが6%でも共振するのに30%では共振しないという現象が生じる。
 これは、PCによって安定条件が崩れていると考える方が妥当である。

 ただし、レーザー発振したケースでも、出力がやたら低い。これこそ、OCの反射率不足かもしれない。そこで、共振した構成で、OCの反射率を30%にしてみようという次第。
 期待される結果は、レーザー出力の向上だ。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4