Darkside(https対応しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2021年7月17日(土) 23:03

故障したLDの交換

 久しぶりの融着接続機だが、トラブルなく動作してくれた。

 だが実は、融着開始ボタンを押すまでが途轍もなく大変だった。

 融着するには、光ファイバーの被覆を剥かねばならない。だが、ファイバー結合LDは、光ファイバーを保護チューブが覆っている。まずは保護チューブを除去しないと、作業できない。ところが、前回それほど苦労した記憶がない保護チューブ除去に、今回は梃子摺りまくった。
 結局、ホットナイフを使うことで簡単に剥くことができた。

 LDを交換し易くするため設置位置を替えたことで光ファイバーを余分に引き回すことになり、長さに余裕が無くなったこともプレッシャーを増大させた。
 1回でも失敗すれば、致命的とまでは言わないが極めて作業し難くなる。

 何とか1発で、推定損失0.04dBに仕上がった。

 融着直後の、発光試験。

 光ファイバーからの漏洩光は、LD直後がとにかく多い。
 シングルモード光ファイバーにLD出力を結合するのは大変で、大幅な出力低下を伴う。このLDは公称3ミリワットだが、LD自体は公称8ミリワットである。

 融着部分の強化スリーブを通し、ここも多くの漏洩光が出ている。

 無事に、レーザー銃の先端から照準用レーザーが出て来た。

 光出力は、実測0.1ミリワット弱とかなり低下してしまった。しかし、これまでは手元照射で確認するには明る過ぎると感じていたので、むしろ良い塩梅である。
 加工用途ではない射程数メートル以上とか屋外使用の場合は、同軸の精度は必要ないので外付けレーザーポインターを付ければ良いのだ。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4