Darkside(https対応しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2011年8月28日(日) 21:06

55アンペア到達

 レーザー電源用のPICプログラムは、時間が掛かる。バグで大電流を与えてしまいLD即死という結果を避けるため、安全対策コードを散りばめねばならない。安全対策コード自体が間違っていないかどうかをまず確認し、それから少しずつ修正して行く。
 こうして、ようやく本番用フィードバックループに辿り着いた。24Aぐらい流れている。モニターは電圧のままなので、フィードバック開始からの変動は小さく見える。

 46Aでの動作試験。異常は見られない。

 収束初期は、2つのコンバーターが逆方向に波打っている。普通の市販電源を並列接続すると、恐らくこんな感じになる。収束を早めるため、あえて安定化対策していない。やや不安になるグラフだが、最終到達電圧を途中でオーバーしてはいない。

 目標電流をオーバーしそうになると、制御モードが切り替わる。オーバーしそうな方のコンバーターの電圧を落とすだけで、もう一方のコンバーターは出力をキープさせる。皮算用通り、これだけで2つの出力は同レベルに安定。電源ONから0.1秒でかなり安定し、0.2秒と掛からずレーザーはフルパワーになる。

 目標の55Aに調整完了。ただし、ヒートシンクを付けていないため念のため通電を数秒間に制限している。

written by higashino [ゴキブリレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4