Darkside(https対応しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2015年2月24日(火) 21:17

仕切り直し

 このままマルチローターの自主開発を断念するというなら別だが、続行するならフローセンサーの買い直しは不可避である。少しばかりの慰めは、ソナーが流用できるのでソナー抜きで買えば良く、少しばかり安く済むというぐらいだ。また、半年経ったことで基板バージョンが v1.3 から v1.3.1 へと更新されている。

 今後経験を積めば、マイコン交換も可能になるかもしれない。
 しかし、空モノに使うパーツでは避けるべきだろう。作業空間の不足が今回は致命的だったが、そうでなくても表面実装の手作業ハンダ付けは信頼性が劣るのは疑いない。過去に大修理した航空機には乗りたくないのと同じだ。

 予想外の出費が痛いので、暫くはカネの掛からない方面を進めたい。
 コイルガン充電用の小型チョッパーは、かなり前にFETの調達が済んでいるので作業再開可能である。
 カルマンフィルターの研究は、ジャイロセンサーとして PX4FLOW 搭載のものを使うため、進めにくい。

 ところで、フライトレコーダーはマルチローター以外にも搭載可能である。
 例えば人間が持参すると、運動時の軌跡を取得できる。モーションキャプチャー的な使い方が可能である。超音波を使った高度計ではなく、軌跡を取得して高度を割り出すようなことも理論的には可能。いろいろ面白い使い道が思い浮かぶ。だが、実現にはカルマンフィルターが同様に必要となる。
 更に、機械ではなく人間に搭載する場合、スピン時に回転中心からの距離が不明確なので遠心力を補正困難。一段厄介な話になりそうだ。実用にならないかもしれない。

written by higashino [マルチローター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4