Darkside(https対応しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2010年10月16日(土) 18:43

左舷コネクター

 右舷側のレーザーダイオード配線は被覆が固く扱い難い。大電流が流れるラジコン用で一番太い配線を左舷に使ったが、ジャンクパーツには更に太い配線があるので流用。しかしおかげで非常に苦労する。

 被覆が固いだけでなく耐熱ではない。ただでさえ大量の熱を与えないとまっとうにハンダ付け出来ないのに、溶けてしまう。

 仮組立てでコネクターの角度が不適切と判明したので、緩い角度にハンダ付けし直した。

 ところが今度は緩過ぎると判明し、またやり直し。このハンダ付けは時間が掛かるので簡単にやり直せない。
 配線が固過ぎて殆ど曲げられないので、コネクターの角度は決定的に重要なのだ。

 受け入れるアルミアングル側のコネクターも、位置の選択肢がない。右舷はヒートシンク隣の空間が左舷より遙かに狭いため、配線の位置を調整出来ない。
 こっちはラジコン用のシリコン被覆配線だが、それでも実装は非常に厳しい。コネクター部分のハンダ付けからしてアクロバット。

 アルミアングルとコネクターを絶縁する空間がどうしても確保出来ないため、穴の端を切断して折り曲げ、5分硬化エポキシをパテ代わりにしてコネクターを固定。

 強化するため、側面に厚さ1ミリのポリカーボネイト板を併用している。

written by higashino [レーザー戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4