Darkside(https対応しました)

2011年1月29日(土) 20:55

2辺ハンダ付け

 スライド板とベアリングの間に0.3ミリ前後出来る微妙な間合いを埋めるため、マスキングテープを4枚重ねぐらいに貼り付ける。

 また、スライド板の両側に均等な隙間を開けるため、端子金具を重ねてネジでまとめる。

 仮固定に苦労しつつ、現物合わせで2辺をハンダ付け。

 しかしこの状態ではハンダが完全には廻り切らない。一度外して順番にハンダを追加していたら危惧した通り、支点にしたスペーサーが溶けて動いてしまった。この部分だけは本当に厄介。溶けるのを恐れて加熱不足だと、今度はハンダ付け不良になってしまう。

 左右スライド用の三角形が出来上がった。

 ただし、実際にギアドモーターを取り付けて、どこか詰まることなく微動が可能かどうか確認せねばならない。動きが悪い部分があれば調整せねばならず、作り直しが必要な可能性もある。
 また、位置検出用ボリュームの取り付けを考えねばならない。恐らくは、追加のハンダ付けを要する。

written by higashino [レーザー戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

『防水加工』

BB戦車愛好会の究極キングタイガー製造計画で防塵(防水)加工をIDKさんはされていますがエンジンの空気の取り込み口?から入らないんですか?

written by マカダミア

『やってないはず』

というかあの計画は中止になってるので

written by IDK

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4