Darkside(https対応しました)

2011年1月31日(月) 21:29

今度は水平用

 上下検出用と同様に、小型のステンレスアングルに2ミリナットをハンダ付けしてから2ミリドリルを貫通させる。
 そして、手頃サイズで切断。

 スライドボリュームは2回路タイプしかなかったが、並列接続して個体差を減らせると考えればそう悪くもない。100KΩ→50KΩは、5V流しての分圧抵抗として適切だろう。
 製品自体の定格も、直流10Vとなっていて問題ない。

 左右微動はいい場所にステンレスアングルが使用されているため、そのままハンダ付け出来る。

 スライドボリュームは個体差が大きく、恐らくは温度変化による抵抗値の変化も大きい。しかし分圧抵抗として使うし基準電圧もPICのA/D変換と共通にするから、問題とならない。

 スライドボリュームを一度取り外してから超音波洗浄し、改めて組み立て直す。

 ボリュームのバーを動かす方法だが、ステンレスアングルを1センチ強に切り出したもの2つで、両側から挟む感じで良さそうだ。

written by higashino [レーザー戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4