Darkside(https対応しました)

2013年1月31日(木) 21:13

誘導輪メンテ

 キャタピラを外し、誘導輪を取り外す。

 屋外走行させると、泥避けが役に立ってしまっている。転輪のゴムにも土汚れが付着。言うまでもなくキャタピラ自体も土だらけ。キャタピラは、水洗いして干しておく。

 誘導輪を分解。シャフトが曲がっているので、直径3ミリのステンレス棒を同じ長さに切り出して交換する。ただ、元のシャフトは先端が細くなっている。同じ方式では固定できない。

 そこで、誘導輪の穴を直径6ミリに広げてベアリングをセット。
 シャフトとベアリングを接着することで、誘導輪が抜けないようにすると同時に性能を上げる。

 いざ仮組みしてみると、それだけでは済まないと判明。誘導輪が僅かに太過ぎる。キャタピラの2列突起の間に誘導輪が収まるのだが、無理に押し込む感じになる。そのため、転がり抵抗が増大するし、キャタピラが外れるキッカケになっている雰囲気。
 そこで、誘導輪のモナカ合わせ面を削りまくり、組んだ後に少し細くなるようにする。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4