Darkside(https対応しました)

2007年3月31日(土) 14:48

駄目じゃん (;_;)

 銃身パイプが長いので、側面にホットボンドでくっつける。真上に取り付けるのではかなり安定が悪い。

 実射すると、パワーが出ない。弾速を測定するまでもなく、回生型回路でドライブした場合とは比較にならない。しかも、なんだか撃っているうちにどんどんパワーダウンしてる感じだ。

 そのうち、銃身パイプが外れてしまった。見ると、接合部分にほとんどエポキシが乗っていない。
 内部にエポキシが盛り上がるとパチンコ玉の通過を邪魔するため、ギリギリまで添附量を減らしたのが影響したようだ。側面に盛っても強度的には大して役に立たないようだ。

 金属同士の接着なので、エポキシなら十分な強度が得られると思ったのに・・・

 しかし貴重な教訓が得られた。金属同士であっても、コイルガンの組み立てを甘く考えてはならない。ストームタイガーの砲身もスケールモデルとしての制約から接合面積を広く取れない。
 組み立て時に考えないと、射撃の衝撃で破壊されてしまうだろう。コイルガンの加速時間は1ミリ秒程度しかない。ノーマルの射撃でもパーツには「衝撃」と呼ぶべきGが加わる。

 いずれにしろ構造の単純なフライホイール型は、引き戻し力によるパワーロスが無視出来ない。回生型回路の気持ち良い射撃を知ってしまうと、製作が大変でもしっかりした回路を採用したくなる。
 このコイルピストルは通電時間をコントロール出来ない簡便な放電回路である。側面シールドによりインダクタンスが増大して通電時間も延び、引き戻される時間も増大してしまったと思われる。

written by higashino [コイルピストル] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4