Darkside(https対応しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2009年12月31日(木) 10:56

綱渡り実装

 サーミスターは導線に難燃性熱収縮パイプをかぶせて絶縁とする。写真は収縮後で、導線よりもなお太いため単に刺さっているだけ。これより細い熱収縮パイプが売っていなかったのでどうにもならない。一応サーミスター本体と同じ太さにはなってくれたので、意図通りの組み立ては可能だろう。

 右に見えているのがマイクロヒーター。12Vで5ワットの定格。左に見える爪楊枝と同じ太さである。発熱部分の長さが15ミリ。そんじょそこらでは手に入らない特製の超小型品だけあって、普通のでかいヒーター10本分の値段です (;_;)

 最初に値段聞いた時は絶対誤植だと思ったし、NASAの技術を使った宇宙仕様ですか?とツッコみたくなった。

 一般に流通しているヒーターは一番細いものでも直径6ミリなので、とてもじゃないが結晶ホルダーの加熱に使えない。

 サーミスターの方はホルダーの端に寄り過ぎているものの、左右はきっちりと中央に設置してある。両者とも耐熱300度のオートウエルドで接着&熱結合。
 現在の室温だと、サーミスターの抵抗値は136KΩ。ホルダーをつまむとどんどん抵抗値が小さくなる。

 約3KΩまで減少すれば、150度弱の目的温度だ。

 ホルダー上部を止めるネジのうち、右側はヒーターと干渉する。そのため短くカットしたが本当に微妙で難しい。ネジが長過ぎればヒーターを破損するし、短過ぎればネジ穴部分だけヒーター温度が上昇して断線するかもしれない。オートウエルドだけの熱伝導では不安ありだ。
 かと言って他にヒーターを設置可能な位置もない。

 写真では完全に隠れているが、ダミー結晶がセット済みだ。

 YAG基本波は上から入り、グリーンレーザーは下から出てくる。つまり、このままではヒーターの配線と干渉するかもしれない。波長変換は極めて小さな範囲で生じるため、発生したグリーンレーザーは回折によりかなり大きく広がるはずだ。
 ヒーターの配線は折り曲げて良い位置が決まっているので、綱渡りの実装になりそう。
 サーミスターの導線はごく一般的なものなので、どこで曲げても大丈夫。

 さて、帰省となればドラクエ9のすれ違い通信も楽しみの1つ。最近はすれ違い人口が減ってるが、みんな同じ事を考えて正月は参加者が増えるはず。スクエニでも1月4日までに全国1000万人目指すキャンペーン張ってるし。うちのカセットはただいま1206人。さて年末年始でどれだけ増えるか?
 いつも東京近郊でばかりすれ違っているから、全く違う場所でってのもいい感じだ。

written by higashino [パルスレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4