Darkside(https対応しました)

2019年7月31日(水) 21:42

チタンのハンダ付け

 3ミリネジはチタン製が入手できるので、ナットのハンダ付けが容易である。

 単純にチタンネジでナットを固定しておき、普通にハンダ付け。チタンはアルミ同様ハンダ付けできないので、ハンダ付け後に悠々とネジを外せば良い。
 そう考えていたのだが、なぜかネジが回せない。ガッチリとハンダ付けされてしまっているように思える。

 力ずくでネジを回したら、頭が潰れるのではなく捩じ切れてしまった。捩じ切れる時の感触は、柔らかかった。アルミより強靭なのは確かだが、ステンレスほど強靭ではないのは確かだ。チタンに対するイメージが思い切り悪化。
 考えてみれば、チタンが鋼より強かったら、戦車にチタン装甲が使われるだろう。戦闘機のように軽量が重要な用途ならともかく、強靭さ第一の戦車にチタンは使用されない。

 結局、チタンはアルミの高級版みたいなものだ。

 気になったので、チタンネジをハンダ付けしてみた。余りにも簡単に、ハンダ付けできてしまった。強度も、問題ない。ステンレス用のフラックスを使っただけである。

 要するに、チタンがハンダ付けできないというのはガセネタだったのだ。実際は、ステンレスと同じぐらい簡単にハンダ付けできる。自分がこれまで誤解していたように、試さずに又聞きだけでチタンはハンダ付けできないと思い込み、ガセネタがネットに拡散したのだろう。
 だから、思い切り書いておく。

 チタンは、普通にハンダ付けできます。

 ステンレスがハンダ付けできないとか難しいとかいう無茶苦茶なガセネタでさえネットには出回っているぐらいだから、一般人が扱うことの少ないチタンに関して間違った情報が流れているのも仕方ないのだろう。

 残念ながら、チタンをハンダ付け可能なアルミとして使用するには、加工が面倒過ぎるし価格も高い。

 ナットの方は、一部分ずつ慎重にハンダ付けを進めることで、無事にハンダ付け成功。
 これで、メカボックス置き板の付け外しが簡単にできる。とはいえ、メカボックスを外した状態でないとネジにアクセスできないのだが。

written by higashino [ラジコン用エアガン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4