Darkside(https対応しました)

2021年1月25日(月) 21:36

注意1秒大損害

 とんでもない思い違いをしていた。ステッピングモーターのドライブ基板は、作り直す必要など無かったのだ。
 ピーク電流を変更するのに、外付けパーツを変更する必要などない。ソフトウェアだけで、変更できる。というのは、PIC16F1579 のDAC機能を使ってリファレンスを設定していたから。
 DACは僅か5ビットしかないため、殆ど役に立たない。だが、ドライバーICの電流を決定する外部リファレンス入力としては、充分に役立つ。

 だが、これで解決した訳ではない。実は、ドライブ基板が壊れている可能性が高い。
 どういうことか?

 先日、脱調判定をシビアにして動作を確認した。だが、効果は無かった。
 その時点でドライブ基板の作り直しを覚悟し、TB6600HG などを発注した。だが、作り直すのであればそれが完成するまで、動作確認はできない。まずは、脱調判定を元に戻しておこう。そして、確かに元に戻ったことを確認しておこう。現行ドライブ基板を使って。
 そう考えてPICを再度書き換え、ドライブ基板にセット。ところが、動作が元に戻らない。ステッピングモーターは全く動かない。プログラムを元に戻し損ねたのか?と思って確認するが、プログラムの内容はバックアップと完全に同一。間違いなく、元に戻っている。それなのに、動作は元に戻らない。

 どこかコネクターが外れている?
 次に、ハードウェアの再点検。そこで気付いた。PICを、逆挿ししていた!

 PICが死んだかもしれない。そう思いつつPICを再プログラミングする。書き込みもベリファイも正常に通り、壊れてはいないようだ。しかし、今度こそと正しい向きに挿したにも関わらず、やはりステッピングモーターは動かない。少しばかり異音を発するだけで、全く回転しない。
 PICを交換し、再プログラミングする。やはり、動かない。
 つまり、逆挿ししたときにPICではなくドライブ基板を壊した可能性が高いのだ。
 PICの逆挿しは、これまでに何度もやっちゃってる。注意していても、気付いたらやっちゃってる。後からだと、なぜ間違えたのか分からない。つまり、とんてもなく逆挿しし易くて錯覚し易いのだ。これが、8ビットPIC最大の欠点である。ピンが2本余計に消費されても、抜き挿しすることなくプログラム可能な dsPIC の価値は大きい。

 でも、dsPIC だとPWMが3系統までしか使えないのが痛過ぎる。困ったものだ。

 面倒だが、パワーパックを取り外す。
 当然またキャタピラも外さねばならないが、明らかにユル過ぎる。少なくとも1コマはリンクを外して短くすべきだ、と感じていたから構わない。
 また、仮にドライブ基板が壊れていなかったとしても、24V電源は交換必至である。交換には、どうせパワーパックを外さないと作業不可能。

 ここで、配線チェック。
 電源配線が緩んでいるとか、コネクターが外れているとか、危惧した問題は無し。つまりまだ、ドライブ基板が壊れている可能性を否定できない。
 後は、パワーパックが破損していないかの確認と、負荷ゼロでのステッピングモーター動作試験。

written by higashino [科学コラム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4