Darkside(https対応しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2021年1月17日(日) 21:07

理解可能納得不能

 気を取り直し、電源系統を調べる。

 バッテリー直結取り出しになっている電動ガン用コネクターにテスターを突っ込み、確認。ラジコンバッテリーからは正常に7.8V前後が出力されている。

 いっぽう、主電源FETを介した後のコネクターは、全く電圧が無い。

 あちこちテスターで調べるが、余りにも妙。というのは、DCコンバーターが壊れていたとしても、DCコンバーターの入力側には電源が来ているはずだから。それが、全く来ていない。
 主電源機械スイッチを介してラジコンバッテリーが接続されているので、DCコンバーターの入力側まで0Vというのは道理に合わない。

 もちろん機械スイッチが断線していれば0Vになるいが、そういうことにならないよう機械スイッチ周りは頑強に補強してある。
 いや、確かに本体側の配線周りはしっかり処理してあるが、機械スイッチ側は暫定である。機械スイッチの最終的な設置場所が未確定なせいで、仮の機械スイッチを使っている。その配線部分は、マスキングテープで補強しているだけだ。

 マスキングテープを剥がすと、片側の配線が断線していた。機械スイッチとのハンダ付け部分が、切れている。さっそく、ハンダ付けし直す。
 機械スイッチの配線は、機械スイッチの位置を固定して配線も固定しないと、すぐに断線する。この断線し易さにも困ったものだ。
 Sタンクの車体を大きく動かすと機械スイッチと配線も動き易く、ブラシレスモーターを取り付ける作業中に断線したのだろう。

 ハンダ付けし直すと、Sタンクの電源系統も復活した。
 だが、走行用モーターを高速回転させると時々ストールするし、旋回用モーターは脱調頻度が激増し実用にならない。モーター負荷の増大により、制御失敗も増大したのか?
 振り出しとまでは言えないが、モーター制御の改良は不可避である。ただし、機械としての慣らし運転が済むまでは、慌てて手を出さない。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4