Darkside(https対応しました)

2021年7月21日(水) 21:06

少しだけコツが

 向きに注意しながら、残りの4個をロウ付けする。

 ようやく要領が分かって来た。
 この3パーツ合体で最も問題なのは、サーボシャフトと噛み合うギザギザである。3枚重ねでギザギザの位置が合っている必要があるため、実際にサーボシャフトに挿した状態でロウ付けせねばならない。だが、そのために充分に加熱し難い。

 そこで、位置が動かないようにすることだけを目的に、最初のロウ付けを行う。
 穴と反対側をスポットで処理し、とにかく3枚が分離しないようにする。これだけでも大変で、2枚はともかく3枚とも固定するのは、なかなか梃子摺る。ロウ付けは、本当に難しい。

 いったん仮にでも3枚が固定できたら、もうサーボシャフトで現物合わせする必要が無くなる。

 ペンチでしっかり挟み、存分に加熱する。
 そうすると、穴を埋めるのも容易だ。ロウ材の消費は増えるが、確実なロウ付けが出来る。レーザー照射スポットも3ミリぐらいに広めにして、がっつり加熱して流し込む。

 それでも、穴は両側から加熱処理する必要がある。

 このあたりでは照準が復活したレーザー銃の使い勝手が存分に威力を発揮し、強度に不安のないロウ付けが完了。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4