Darkside(https対応しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2021年7月25日(日) 21:04

ひたすら失敗

 ブリッジの発生し易いハンダ付けを行わず、今度は銀ロウ付けだけで固定してみる。

 ハンダ付けのように全面覆うような仕上がりは無理だが、銀ロウ付けならこれぐらいの固定で充分な強度は得られるだろう。

 スプリングの一端を折り曲げる作業で、どうしても隙間ができてしまう。圧縮してスプリングの隙間を無くし全長を短縮した状態でないとSタンク車体には実装できないため、バイスで圧縮した状態で銀ロウ付けを済ませる。

 だが今度は、もう一端を折り曲げる前に銀ロウ付けを済ませてしまったミスに気付いた。これまた、手遅れだ。

 太さ1.6ミリもあるバネ鋼線を折り曲げるのは困難な作業であり、くっつける前の状態でなければまっとうに作業できない。くっつけた後から曲げようとしても、実際問題として不可能に近い。
 曲げずにシャフトストッパーと合体させようとすると、スプリングが斜めになってしまい少しヒミ出す。

 これでも使えないことはないが、いかにも無理な外力を加えながら使うわけで気分が悪い。このままでは、2個目も製作失敗である。
 とにかく、スプリングの両端を適切に曲げるという作業が、余りにも難し過ぎる。ここを自動化して安定した仕上がりにする手段が個人のDIYでは存在しなくて、猛烈なネックになっている。

 最終的には溶かした上で作り直しだろうが、まずは作業に慣れようと2個目を放置し3個目を銀ロウ付けしてみる。

 バネ鋼線の曲がり角度が悪かったので、両端を入れ替えてみる。
 本来なら、長い方を銀ロウ付けする。だが今回は短い方を銀ロウ付けしたところ、長さ不足で強度確保の必要がありロウ付けを確実に行わねばならないにも関わらず、うまくロウ材が流れない。一部しかマトモにくっついていない。

 問題はロウ材消費に伴い、新たに購入したのがフラックス入り銀ロウ材だったこと。
 フラックス内蔵でロウ付け難易度が最も低いとの売り文句だったが、使った瞬間に嵌められたことに気付いた。
 フラックス内蔵と言っても、銀ロウ材とフラックスが混ぜられたものではない。銀ロウ材がパイプ状になていて、中央の空洞にフラックスが詰められているのだ。そのため、銀ロウ材の溶け始めではフラックス無しと同じで、フラックスに覆われる前にレーザー加熱で母材が焦げるのだ。これで、ロウ材の付着性が悪化する。

 フラックス内蔵にも関わらず、フラックスを塗ってから作業すべしという全くの無意味状態。これなら、普通の銀ロウ材を買う方が良かった。どうりで、扱っているショップが少ないわけだ。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4