Darkside(https対応しました)

2022年5月12日(木) 22:11

外注PART2

 カメラを接着し直すなら、車体上部装甲は外した方が作業し易い。

 そこで、装甲を外す前に確認しておくべき作業を先に済ませる。カメラの視界である。
 カメラは工具箱内に収納し、実車には存在しない工具箱正面の穴から撮影する。では、正面の穴はどの位置にどの程度のサイズで開けるべきか?

 困ったことに図面から機械的に判断すると、カメラ正面に穴を開けることはできないのだ。不自然なほど上寄りに、穴を開けねばならなくなる。

 そこで、既存の切り出しパーツを流用し、少し下に穴が空いた状態で実際の見え具合を確認してみる。使用したのは、右カメラである。左は無関係。

 カメラにカバーを掛けると、右カメラの上部があからさまに暗くなった。

 全体的にボケているのは、雨が降っていて窓を閉めているせいだ。

 今度は、穴の位置をギリギリまで高くした上で、カメラの向きが適正な左舷に取り付ける。

 窓を開けて、手早く済ませる。今度は左が問題で、右は無関係。

 カバーを掛けると、右側に若干の減光あり。しかしこれぐらいなら、実用範囲内だろう。上下ほぼ問題ないというのが、良い感じ。

 これで、カバーの形状を確定。ここまでで、いったん「かねよし」に外注することにした。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4