Darkside(https対応しました)

2006年05月31日の記事

2006年5月31日(水) 21:03

疲れた

 共振させるのが難しいのは、共振していない場合どっちにズレているか全く分からない点にある。
 共振していなくても共振側に近づけば僅かに明るくなり、共振側から離れれば僅かに暗くなる・・・ような振る舞いを期待してしまう。だが、それは希望的観測でしかない。
 実際には僅かでも共振から外れれば全き暗黒であり、右に動かしても左に動かしても暗黒が暗黒になるだけ。上に動かしても下に動かしても同じ。どっちに動かせば共振に近づくかまるで分からない。一度共振してくれれば共振が成立する範囲の中心付近という感じで最適調整も出来るが、共振しない限り暗黒の中で彷徨うのみ (;_;)

 レーザーポインターを使った光軸調整では、反射光の位置を0.5ミリ程度の誤差までしか追い込めない。0.3ミリ以下は勘の領域だ。レーザーのピンホールを大きくすれば反射光も大きくボケるし、小さくすれば回折でやっぱりボケる。そんな中で少しでも品質の高いビームが欲しくなる。だからヘリウムネオンが活躍するんだな。
 共立グリーンを改造したら海外ハイパワー輸入していると、数ミリワットで図体もでかいヘリウムネオンなど興味無くなる。だが、それは厳然として役に立つのだ。桁違いのハイパワーレーザーを自作しようと企むが故に、しょぼパワーのレーザーも欲しくなる。

 今回はOCだけセットするやり方を試す。
 OCは平面ミラーなので反射光も分かり易い。YAG棒を貫いての往復光を捉える要領も昨日で分かった。だが、反射光の縁がくっきりしないために正確な向き合わせに限界がある。やはり一往復0.5ミリ程度の誤差は残らざるを得ない。
 その後リアミラーをセットして通常に調整する。反射光は曲面のせいで広がっているが、それなりに一様な広がり方をしている。昨日より更に一歩前進した「気分」

 でも、共振しない。
 そして共振しない場合は、大きく外れているのか僅かに外れているのかも分からない。偶然に期待して調整ネジを少し動かしてみるが、今回もまた偶然の女神は微笑まなかった。
 疲れた。
 ファイナルファンタジー12でストレス解消することにした。気力が充電されるまで休息かも・・・

 例のサイリスタはヤフオクに出してみた。「サイリスタ」で検索すれば出て来る。コイルガン作りたいけどサイリスタ持ってないという人はどうぞ。

written by higashino [レーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4