Darkside(https対応しました)

2006年12月05日の記事

2006年12月5日(火) 18:19

新ゲートドライバー組み立て

 左はトランジスターと2つのFETを組み合わせたもの。中央に小さなチップ型1KΩがくっついている。余りに小さくて、直接空中配線は無謀ではないかと感じ始める。作業の容易な土台も用意困難。

 右は25V10μFのチップ型積層セラコンと5.5Vのツェナダイオードを組み合わせたもの。こうして見るとツェナ自体がでかく、無理に小型化しても意味ないのでは?と感じ始める。
 弾速測定器を組み始めた時に使用した25V10μFが秋月から消えて、代わりにずっと小さなタイプに変わっていた。それだけなら一見良さそうだが、無理に?小さくなった分だけ最適周波数が低くなったようだ。
 前の大きめな25V10μFはスペックシート上では20MHzあたりで充分に抵抗値が下がっていたが、今回のは実力を発揮出来ないかもしれない。

 組み立てを完了させるのは到底無理、断念すべきでは?と思いつつ勢いで完成させてしまった!
 パーツ点数が少ないにも関わらず、1時間以上を要した。猛烈に精神的に疲れるため、そう何度も組みたいものではない。1つ製作するだけならまだしも、多段式に必要な多数の製造は気が滅入る。

 普通に基板上にセットしても1円玉程度の専有面積で収まると思われるため、その上で電磁シールドを施せば充分実用じゃないか?
 職人芸に頼って大量生産は無理だろ。

 しかし、ちゃんと動いてくれるならサイズの小ささは魅力。TPS601Aの直径が5ミリだから、回路サイズが分かるだろう。

 裏側を見る。
 5V電源供給端子の受け部分にもツェナを取り付けた。全体が小さいだけにツェナが2つ装備されても充分にコンパクト。
 102と表示されているのがチップ抵抗。小さいの何の・・・

 回路の動作が確認出来れば全体をエポキシで固め、その上からシールドテープを巻けばバッチリだろう。
 組み上げて眺めると、何度か組んでもいいのではと思い始める。慣れればどんどんスマートに組み立て出来そうだし何よりコンパクトさの魅力が大きい。

written by higashino [コイルガン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4