Darkside(https対応しました)

2008年02月03日の記事

2008年2月3日(日) 16:19

正式電流制限抵抗

 5V安定化電源でレーザーを点灯させる正式回路を組み立てる。と言っても電流制限抵抗を入れるだけの極めてシンプルなシロモノだ。
 安定化済みが前提なので、基本的に抵抗1本で良い。そこに、逆極性保護のためショットキーバリアダイオードを、過剰電圧により過剰電流が流れるのを防止するためにツェナダイオードを追加するだけだ。

 抵抗は、黒共立用に7.5Ωで赤レーザー用に8.2Ωとした。複数を実測し、想定外に抵抗値の低いものがセレクトされないよう注意した。8.2Ωの方は8.3Ωに近い。
 カラーコードがレーザーの色と同じなので分かり易い。

 ピンヘッドを電源コネクターとして使用。

 ツェナは5.2Vで作動する。FDKコンバーターの安定性を信用し、かなりギリギリに設定してある。ノイズで過剰電流が流れるのを防ぐ。

 それぞれレーザーモジュールに取り付け。黒共立の方はもちろん低温ハンダ使用だ。

 電源コネクターにジャンパピンをかぶせて短絡させておくと、静電気対策になる。

 5V安定化電源で、正常にレーザーが照射されることも確認OK!

written by higashino [ガルバノメーター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4