Darkside(https対応しました)

2008年02月10日の記事

2008年2月10日(日) 17:40

さすがはPIC

 WSとDATAの引き出し線は旧来のものをそのまま使い、向きだけ180度反対にハンダ付けし直した

 デコード基板は一通り組み立てた後で、余った部分を切断し細身に仕立てる。そろそろ本番実装時の配置を考えつつ作業している。

 5V安定化電源を引き出す場所も、暫定版から変更。

 レーザーは330〜400ミリアンペアを消費し、それが2本ある。結構馬鹿にならない。OSコンデンサーと大容量積層セラミックコンデンサーで武装する。

 うっかりPICソケット周りをガチガチにパーツ実装してしまい、引き抜き作業が難しくなってしまった。PICは何度もプログラムを書き換える必要があり困るので、取りあえずICソケットを2段重ねにしてある。

 WSの変化を検出してからDATAを読むまでの遅延は、ひとまず23クロックに設定。すんなりLSB4ビットパックが読み取れた。さすがPICだ。レーザー駆動も含め、無問題。

 LSB1ビットだけを変えても、レーザーはOFFのまま。
 LSB2ビットを変えると、レーザーは点滅した。しかしやや暗い。これは、ビットを拾い損ねているケースが多いせいだと思われる。
 LSB3ビットまで変えると、レーザーは点滅し力強く輝いている。
 23クロックという設定は適正だ。

 レーザーはそれぞれに最適な電流制限抵抗がレーザー側にくっついているため、差し替えても問題無く動く。もし緑と赤が予定と逆に発光しても、差し直すだけで良い。

written by higashino [ガルバノメーター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4