Darkside(https対応しました)

2008年10月03日の記事

2008年10月3日(金) 18:32

杞憂ならいいが

 調整台に載せて秋月グリーンレーザーを照射すると、ほぼ照射点にピタリと反射された。前回調整を行った時は5ミリラジアン程度調整し切れていなかった。レーザーを固定している台の調整可能範囲をオーバーしていたせいで。
 ナット1個のハンダ付け直しおよびキャビティー側面板の位置が僅かに変化したためだろう。

 これはかなりの大問題だ。今後とんでもない爆弾を抱えてしまった。
 今回ナットを付け直したのはハンダが割れて仕方なく、である。つまり、将来同様の事態が発生してもおかしくない。それを修理する時に今回のようにうっかりナットの位置をズラしてしまったら、薄ディスク結晶の角度も変化してしまう。
 今はまだ、それは致命的ではない。ハンダ蒸気から薄ディスク結晶を守れさえすればいい。

 だが、SHGユニットを取り付け、0.1ミリを争う微調整も済ませた後で、同様の事態になったら?
 想像するだけで、ぞっとする。

 発生していない事故に悩んでも仕方ないので、先に進む。頭の痛い問題は他にもあるのだから、まだ起きていない事故にまで関わっていられない。

 新しい真鍮横棒は、これも残念ながらネジ穴の位置が適正ではなかった。2ミリほどズレているようなので、アルミアングルの穴を削る。いよいよ、キャビティー側面板とのネジ止め穴が問題になる。

written by higashino [レーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4