Darkside(https対応しました)

2008年11月20日の記事

2008年11月20日(木) 17:07

暗くなった原因は?

 3V安定化のためのレギュレーター部分を切り出す。黒と赤がバッテリーからの配線だが、入力と出力を逆にハンダ付けし直す。
 これでバッテリーのスイッチを入れると、出力電圧は・・・1Vそこそこから上昇しない。勢いで一気に作業してしまったが、三端子レギュレーターの使い方は間違っていなかったようだ。

 配線を元に戻し、出力電圧をテスターで調べる。ピタリと3V出ている。ということは、三端子レギュレーターも壊れていない。
 正常な3V出力側を秋月グリーンレーザーに戻す。バッテリーのスイッチを入れると、相変わらずグリーンレーザーは暗くなったままだ。レーザーを照射したまま、三端子レギュレーターの出力電圧をチェック。負荷により下がってる可能性を考えたが、3Vで安定化されている。

 結論として、電源部分は正常。秋月グリーンレーザーが突然暗くなったのは、レーザー自身の問題だ。DPSSグリーンレーザーは複雑かつ精巧であり、簡単にパワー低下しがちだ。もともと共立モジュールともども底辺クオリティーなのだから仕方ない。
 出力が低下したとは言え、ビーム品質はほとんど落ちていないように見える。調整作業には十分使える。励起用LDが熱で劣化した可能性が一番高い。

written by higashino [レーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4