Darkside(https対応しました)

2009年01月12日の記事

2009年1月12日(月) 21:06

電源検討

 本組みの前に試作が必要だが、コンデンサー充電器は何度も作っている。今回の焦点は TLP250 が使い物になるかどうかの調査だ。バッテリー電圧が等しいコイルガン10用の充電器を一部改造して試作品と出来ればかなり楽になる。K3132 や J607 などの貴重なパーツもビルトインされてる訳だし。

 久しぶりにバラしてみる。問題は、MC34063改めNJM2360 が付いているソケット周辺の配線を物理的にいじれるかどうか。コイルなど大電流が流れる太い導線が邪魔。
 電圧は同じだがラジコンバッテリー仕様の設計であり、電流制限抵抗なども大電流前提になっている。だからラジコンバッテリーを接続せねばならない。エネループには負荷が掛かりすぎる。そうなると正常に動作したとしてもエネループ仕様に変えた時にも動くとは言えない。それでも理屈は同じであり、一気に正式設計&正式組み立てに持ち込むリスクはそう高くないと考えている。

 NJM2360 に隣接しているFETペア J186 と K1334 を取り外し、代わりに TLP250 をくっつける。その TLP250 を動作させるのに電源が必須。調べると、コーセルのこのタイプだと、入力側にも出力側にも 100μF を取り付けねばならないようだ。入力側は普通のOSコンで行けるだろう。しかし出力側は FET ゲートドライブという瞬発力を要するものだ。積層セラミックを使うにしても、耐圧が24V以上で考えると 100μF はかなり大容量になる。
 この際秋月の大容量品を10個並列でもいいか。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4