Darkside(https対応しました)

2011年10月19日の記事

2011年10月19日(水) 20:57

作り直しで正解

 基板の作り直しは面倒臭いだけであり、作業は遥かに高速になる。先の実装をイメージして頭の中で試行錯誤する作業が、必要なくなるからだ。
 最初に作った基板の「改良したいところ」だけを変えて、組み立てれば良い。市販の電子工作キットを組み立てるのと大差ない。

 新旧基板を重ねてみた。左下が最初ので、右上が新しく作っているもの。
 ローバッテリー遮断はまだしも、適切なローバッテリー警告電圧は実際に運用してみないと分からない。いったん完成しても、PICの書き換えは何度か行いたくなるだろう。しかしこのコントロールボックスは、正式に組み立てると分解がかなり面倒になりそうだ。そこで、ネジを外した筐体を少しズラすだけでPICを抜き差しできるよう、PICの位置はギリギリまで端に寄せておく。

 MAX186 の新基板は、この際だから斜めに取り付けることで8チャンネルすべて使用可能にする。
 余分の2チャンネルには配線だけハンダ付けしておき、将来拡張できるよう備えておく。

 新品を用意せざるをえなかった A/D コンバーターと異なり、液晶は配線を根元から外して付け替えただけ。
 旧基板のPICをそのまま挿すと、そのまま動作した。しかしチャンネル1ではなく2が接続されているので、PICを書き換えて試験続行。MAX186 は過熱することもなく、一応それっぽい変換値も表示されている。もちろんキースイッチを切ったからと言って値が激変することもない。値が安定するまで時間を要することもない。

 まさしく、急がば回れ。

 作り直して正解。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4