Darkside(https対応しました)

2011年10月26日の記事

2011年10月26日(水) 21:26

不用じゃない?

 OP97 に差し替えて実験。ゼロ点調整ピンが違うため、半固定抵抗を再配線せねばならない。

 さすがというべきか、無電流での出力はほぼ完全にゼロボルトだ。
 安心したのも束の間、突然電圧が跳ね上がった。その後も、妙に不安定。20ミリボルト近くまでズレたかと思うと、次の瞬間にはほぼゼロに戻ってまた半端にズレたり。ズレに法則性がなく、値もまるで安定しない。これではゼロ点調整も、やりようがない。

 AD797 はゼロ点こそズレるが、ズレ量はかなり安定している。ということは、計算で補正すればかなりいい感じになりそうだ。
 半固定抵抗を除去しゼロ点無調整で実験。これなら、単に差し替えるだけで AD797 と OP97 の挙動を比較可能。AD797 の方が実用的だろうと判断し、電圧計からオシロによる確認へと進む。

 信じられない波形が現れた。無電流なのに、500ミリボルトほど振れている。もはや発振してると言ってもいいだろう。電圧計は1秒の数分の1の時間分解能しかないため、平均化されて10ミリボルト強いズレになっていた。その実態は、実用不能の暴れ波形だった。

 YLR-200-SM での19ワット台発振で、本番PDに接続してみた。これが0.66ボルトの正体だ。励起LD制御ループで使い物にならないのは、言うまでもない。

 一方の OP97 は、発振こそしないがゼロ点が安定しない。小さなノイズ波形の全体が、蛇のようにのたうっている。だから電圧計も安定しなかったのか。これじゃ、どっちも使えない。そこで、回路をいじくってあれこれ試してみた。その結果、発振防止コンデンサーを0.1μFの巨大容量にすると、蛇が大人しくなった。
 ノイズ的にも、かなり優秀である。ただし、帯域がどこまで狭くなっているか?

 AD797 は、100pF程度で発振しなくなった。しかし、0.1μFに増やしても、ノイズ自体は多い。これでは、ローノイズ型の意味がない。
 ノイズが多い AD797 と、帯域がかなり狭いと思われる OP97 さてどっちを選ぶ?
 実は、必要な帯域は狭い。励起LD制御ループは、コンマ数ミリ秒を要する。つまり、帯域10KHzもあれば十分なのだ。となれば、OP97 を使用して帯域確認さえすれば良い。10KHzが確保可能な最大容量のコンデンサーくっつけて、安定化させれば実用になるだろう。

 次の瞬間に気付いた。
 実はオペアンプいらないだろ!

 適正な抵抗値は43KΩあたりと判明している。電流は2つのMAX186に食わせる程度で良く、帯域は10KHzあれば良い。だとすれば、PDに抵抗を直結してそのまま電位を読めばいいじゃねえの!?
 オペアンプを使わないデメリットが全く問題にならない以上、数々のメリットだけを享受できる。
 別にオペアンプをいじってみたこと自体は無駄ではなく、励起LD電流検出で役立つはずだ。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4