Darkside(https対応しました)

2012年05月08日の記事

2012年5月8日(火) 21:04

試験用トリガー

 銃把部の手持ち用トリガー代用(試験用)として、抵抗入りスイッチを作る。

 YLR-200-SM から取り外したパーツのうち、非常停止ボタンは同じ用途で流用。一方でガイドレーザー電源ボタンが寝ていたので、今回の試験用トリガーに使うことにした。
 回路に1KΩと2並列1KΩを取り付け、1.5KΩの抵抗値が挿入されるようにする。

 ピッチ2ミリの2ピンソケットが先端に来るように、パッケージを仕上げる。ボタンを押すと、回路が絶縁から1.5KΩへと変化する。
 これを電源面の外部トリガーソケットに結合し、動作試験に使う。

 オリジナルがわざわざ1.5KΩを抱え込んでいるのは、ノイズ対策か何かだろう。

 ところで、パーツ自前調達によるファイバーレーザー自作は極端に困難である。パーツ集めもパーツ組み立ても、障害が大きい。どうしても完成させられない可能性もある。その場合、手に入るパーツおよび組み立て可能な部分だけを先に作ってしまい、欠品部分のみを残したまま製作をいったん中断する。そして製作途中のものは大事に保管し、別プロジェクトを進める。

 レーザー銃以外でも、ブログのネタは無尽蔵。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4