Darkside(https対応しました)

2014年08月02日の記事

2014年8月2日(土) 20:31

何とか収まった

 いちいちカメラにセットしてSDカードに録画しつつ動作試験するのも面倒なので、手早く電池ボックスにLEDを取り付ける。正常に遠隔スイッチがONになれば、点灯するはずである。
 システム全体の現実も基本的にこの通りで、カメラ側と無線ユニットはGNDを共有している。両者ともにバッテリー動作であり電源が独立しているので、GND共有は容易である。

 配線の剛性でパーツの位置が固定されてしまい、一部のユニットをアラルダイトで接着するだけで実装完了。

 0.4ミリの細い配線なのに、これぐらい増えてくるともはやクッション材なみである。
 大きめの冗長な筐体を選んだと感じていたが、配線の体積が加わっただけで適正化してしまった。

 カメラのスイッチを操作する配線は、回路の長さを最小にするためFETを筐体壁ギリギリの位置に設置している。

 スイッチの背が高いため筐体のフタが一部だけ1ミリほど浮いてしまうのだが、これぐらいなら削って何とかなるだろう。今のままでも、ほぼ問題ない。

 実用上はカメラのホットシューにセットしたいが、これは以前も別の工作で問題になったように金具が売っていない。
 三脚穴となるメス金具がどこにも売っていなくて、4分の1インチのナットをハンダ付けして自作せねばならなかった。同様に、ホットシューに差し込める金具もまたどこにも売っていない。ホットシューに取り付けるカメラアクセサリーを壊して流用するなどという方法を別にすれば、手が無い。ジャンクのアクセサリーを漁るのもいいが、いかにもスマートではない。

 これほんとうに分からない。三脚穴金具とホットシューに挿せる金具。この2つは何らかの自作機器を作る場合にニーズが多いはずなのに、誰も作ってくれない。謎で仕方がない。閉口する。
 モノが売れないという世の中で、放置されているニーズもある。

written by higashino [カメラ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4