Darkside(https対応しました)

2016年04月11日の記事

2016年4月11日(月) 21:05

今度は iPhone

 iPhone の調子がおかしい。突然異常が発生したのではなく、段階的におかしくなって来た。

1)全く操作していないのに、電源が切れない。
 省電力機能が働いており、10秒ぐらい放置しておけば勝手に電源が切れる。ところが、いつまでも電源が切れないことがあり、バッテリーが不毛に消耗する事態が発生。ときどき確認しないと、安心して使えない。

2)全く操作していないのに、スクロールする。
 タッチスクリーンに触っていないのに、ブラウザ画面などがゆっくりと上にスクロールする現象が発生。うっかりすると、見ていた場所から表示がズレていて鬱陶しい。タッチスクリーンに触ればスクロールは停止し、普通に操作可能。

3)タッチスクリーンが反応しない。
 電源入れた直後に、右スライドでロックを外せないため、実用に大変な支障が出る。何度か試せば反応するが、少しの時間で操作中に無反応になる。

 障害は1)から3)へと進行し、いずれも徐々に頻度が上がって来た。まず2)において、一番の不満は iPhone にタッチスクリーンの調整という概念が存在しないことだった。全く操作していない状態を「スクロール無し」として調整可能であれば、2)は問題ではなくなる。ところが、いかなる調整も行えない。こんな機器は、見たことがない。ユーザーの手間が不用ということと、ユーザーが望んでも手間を掛けられないということは別だ。
 それでも2)まではまだ使用可能である。3)に至って、実用にならなくなって来た。

 タッチスクリーンに異常が発生した場合、電源を入れなおすとかリセットするとか、そういう対策があちこちで挙げられている。だが、再起動させても異常は解消しない。ネットで見つかる対処法は極めて限定的で、すぐに何やっても改善されないことが分かる。となれば、ハードの故障という最も嫌な結論にならざるをえない。
 恐らく、現象の本質は2)だ。

 タッチスクリーンの配線が断絶し掛けているとか何らかの理由で、全く操作していなくても上にスクロールさせようとしているかのような信号が発生。
 軽度の場合は、全く操作していなくても操作中だと判定され、1)の現象が発生。重度になると、上スクロール操作しまくりと判定され、右スライド操作が認識されずロック解除できない。
 一貫して症状の重症化と頻度上昇が続いて来たのだろう。

 このままでは完全に操作不能になるだろう。慌てて修理業者に、フロントパネルの新品を注文した。

written by higashino [ネット・PC] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4