Darkside(https対応しました)

2016年04月29日の記事

2016年4月29日(金) 20:25

仮説は否定された

 期待に反して、どうやら共振していない。

 アルミ板から浮かせて燃えやすくしたマスキングテープに、全く傷を付けられない。

 回折現象も、殆ど見られない。

 現時点での共振器構成は、こうなっている。共振器内部にPCが3つも抱え込まれているが、それによるQ値の低下は30%という破格に大きな反射率のOCにより、カバーできているはずだ。それなのに、まるで共振していない。


 ここで、以前の結果と比較してみよう。

 これは、反射率6%のOCを使用したときの状態。

 ずいぶん明るいが、本質的には違いはない。30%のOCでも、こんな感じに見える場合がある。要するに、自動露出の関係で、たまたま明るく写ったり暗めに写ったりする。

 共振していないと思われる点では、同じだ。


 反射率6%のOCでも、共振器内部にPCを抱え込まない場合は共振した。

 レーザーならではの回折現象が明確で、オートフォーカスが合い易い。アルミ板からテープを浮かせば、綺麗な丸い穴を貫通させることができた。出力は1ワット未満と思われるが。

 ここに至り、期待通りのハイパワーレーザーが発振しない理由は、Q値の不足(OC反射率の不足)ではない疑いが急に強まった。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4