Darkside(https対応しました)

2016年12月31日の記事

2016年12月31日(土) 22:08

期待外れ

 何とか組み立てたのは良いが、動作しない。
 年末多忙につき作業を急ぎ過ぎたのが敗因かもしれないが、それでもこの規模の組み立てキットで製作不良やらかすとは、ちょっと悲し過ぎる。
 そう落ち込んだのだが、いじっているうちに突然LEDが赤く光った。しばらくして、真相が判明。

 想定よりも、遥かに検出感度が悪いのだ。

 動作不良だったのではない。感度が悪過ぎて、動作していないように見えたのだ。感度調整は可能だが、もっとも鋭敏にしても秋月の超音波距離計の方がマシだろうってレベル。
 反射波を干渉させて合成信号の変化を見るというアイデアは良かったが、考えてみればこの方式では近場の強い反射波の影響が支配的になってしまう。少し離れた場所からの弱い反射波は、干渉に対する影響が小さくなってどうにもならないだろう。

 開けた空間で基本実験するならともかく、現実の家屋で防犯用に使うには実用になりそうにない。
 それでも念のため、実地試験を行った。結論は、やはり論外。検出不能同然だ。射程は数十センチが良いところ。
 更に、試しに買った安価なセンサーライトが、赤外線人感センサーで十分に高感度なのだ。いちおう距離だけが変化する場合は極端に性能が落ちるということになっているが、それでも期待以上に検出してくれる。なるほどこれじゃ、センサーライトが赤外線方式ばかりになるわけだ。理論上は効果的に感じられる超音波方式が、なぜ全く採用されていないのか。単純に、効果が無いからだった。

 超音波方式を実用にするには、当初計画のように自作でマイコン処理すべきだろう。問題は、そんなことしなくても市販人感センサーで十分なこと。
 接近するとライトが点灯するというのは、町中でも所々に存在する。いつも通りかかると、点灯する。そんなお馴染みのスポットで、そういえば今日は点灯しなかったなあという記憶はほぼない。

written by higashino [カメラ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4