Darkside(https対応しました)

2017年01月04日の記事

2017年1月4日(水) 21:52

悩ましい石垣

 レーザー銃の完成に暗雲が立ちこめているため、自作パーツの大規模な作成は断念せざるを得ないかもしれない。
 特殊な装置が無くても製作可能な範囲でやることにしないと、永久に完成しないパターンである。いや、永久に製作を「開始」できないのがオチだ。もっとも、安土城はデアゴの中でもヒットだったということこで、ロボットのように第2段以降があるかもしれないという期待はある。仮に第2段があった場合、初代安土城のキットがあると役立つ場面が期待できる。
 その意味では、長年寝かせておく意味もある。だが、第2段があるとは限らないので、危険な賭けだ。

 希望的観測を排除して考えると、一番頭の痛いのが土台の石垣である。
 仮に天主指図を参考にした改造を行わない素組みで無難に製作するとしても、いかにして石垣をリアルに仕上げるかが難しい。

 この石垣パーツは、側面に石垣板を張り付けて完成させる。石垣板同士の継ぎ目をパテで埋めて目立たなくし、それから塗装するのが公式手順だ。
 当初の皮算用では、石垣板の代わりに小石を接着し、レーザーで表面を平らに削り取るという野望を考えていた。接着する前に小石を加工したのでは、表面を平面にしたうえで石に隙間もできないように仕上げるのは至難である。
 そこで、石に隙間が出来ないように接着してから、表面をレーザーで削ろうと考えていた。鉄板を切れる出力のレーザーなら、石を削るぐらい朝飯前だ。

 しかしレーザー銃が完成してさえ、相当に野心的な皮算用である。実際に試せば、山ほど問題が出て来るだろうと思われる。また、成功しても重量増加は頭が痛い。一生大事に所有すようとすれば、引越しのときにどうするかも考えておかねばならない。
 かなり巨大な模型で、壊れ易いものでもある。

 結局のとこは無難に先人の知恵に習うのが良いのだろうが、先人達も苦労しているようである。模型の石垣をいかにリアルに仕上げるかという点において、これはと膝を打つような名製作例は発見できていない。

written by higashino [安土城] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4