Darkside(https対応しました)

2017年10月04日の記事

2017年10月4日(水) 22:13

3年ぶりの復活

 3年ぶりに、コンデンサー充電器に火入れ。一発で動作した。

 ラジコンバッテリーを接続すると、右端の赤LEDが点灯する。
 充電が完了すると、左上の青LEDが点灯する。その右隣にピンヘッドがあり、左端とその隣を短絡させると充電開始だ。実際は左端がGNDで、負論理スイッチ。外部からPIC等で簡単に制御できる。

 ようやく当時の資料を掘り出して、生存確認できた。ZVSなので、充電は爆速だ。しかし充電停止電圧は不安定で、非常にリップルが大きい。それに重めということもあり、当時はドローン搭載用コイルガンには不向きであると採用を見送っていた。
 だが、パイルバンカーならば行ける。

 センサーで能動的にコイル通電タイミングを合わせるので、電圧が不安定でも対処可能。そして連続動作させるパイルバンカーにおいては、充電ワット数は大きいに越したことがない。ZVSこそ向いている。

 ただし、回路図も発掘したところ、これは7.2V前提の設計になっていた。ドローン用の11.1Vでは動作できない。
 とはいえ基本部分は11.1Vでも動作するはず。動作しないのは、15Vや5Vを作り出す DC-DC コンバーターである。これが、入力電圧に11.1Vが含まれない。

 しかし DC-DC コンバーターで必要な電流は小さい。三端子で DC-DC の入力だけに低圧を供給するのがスマートか。もちろん DC-DC を剥がして11.1V仕様化してしまうのもアリだ。さあどうしたものか。
 当分は7.2Vで動かしてもパイルバンカーは開発可能である。決断は先送りできる。

written by higashino [マルチローター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4