Darkside(https対応しました)

2017年10月11日の記事

2017年10月11日(水) 21:48

最速解の1つ

 反射ドリフトでダートをどの程度踏むのが最速か?というのは難しい問題である。

 このあと延々と走って連続ヘアピンが登場するが、2周目は S-JET で加速できるため速度を上げる効果が小さい。そのため、ダートを余り踏まずに大回りするのと、ダートをフルに踏んで最短距離で抜けるのと、速遅判定ではほぼ同等になる。結果として、僅かな差がどう転ぶか次第で、最速解とされる走行ラインが大変化する。
 今回は大回り解が最速扱いになったが、初期状態の僅かな差でインぎりぎりを攻めるダート踏みまくり最短距離走行が最速扱いになる。僅かな差とは、場合によっては0.01フレーム未満だ。

 更に、1周目を念のため再チェックしたところ、同様の大回り高速抜けで1フレーム弱だが速くなる可能性が出て来た。今更感はあったが反射技の確認を行い、実走で速くなる可能性は低いとの結論。更なる作り直しは回避した。
 そんな感じで、裏側では無駄になった膨大な計算が隠れている。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4