Darkside(https対応しました)

2021年07月05日の記事

2021年7月5日(月) 21:39

実は遠回りだった

 オートウエルドが固化したら、いったん取り外す。

 こんな感じで、パーツが合体している。

 レーザーヘッドを取り外さないと、セッティングできないのは大きな欠点だ。

 レーザーヘッドを取り外そうとすれば、固定ネジを緩めるだけでなくエアーホースも外さねばならない。面倒臭い。

 切断したいステンレスパイプを、ドリルにセット。
 パイプを手で回そうとして、同様の企みが以前失敗したんだよな。

 ドリルはしっかり両手で保持しないといけないため、レーザー照射はフットスイッチを使おうという考えになった。

 アルミアングルを利用したV字ミゾにステンレスパイプをハメることで、位置を固定したまま回転可能となる。

 だが、実行結果はボロボロ。

 パイプを手で回すのとは異なり、さすがに切断には成功した。しかし、機械で回転させたとは思えないほど汚い仕上がりになっている。これでは、普通にパイプカッターを使う方が遥かにマシだ。

 やはり、両手で保持しないといけないような大型ドリルで回転させるのは無理があった。
 タミヤのギアボックスと電池ぐらいの、小規模な電動回転装置を使うべきだろう。しかしその場合でも、回転装置の保持を手で行うなら精度を出すのは困難。軽量なぶん楽とはいえ、手持ちに変わりはない。仮に綺麗に輪切りに出来たとしても、切り出し長を正確に調整するのは難しそうである。

 旋盤にセットしてからレーザー照射できれば、話は早いんだよな・・・

 などと考えつつ小型旋盤を検索したら、驚いた。木工用の超小型旋盤が、5000円以下で豊富に出回ってるじゃないか!
 何だか時代に取り残された気分。これなら、最初から旋盤買えば良かった。

written by higashino [レーザーカッター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4