Darkside(https対応しました)

2021年07月12日の記事

2021年7月12日(月) 22:09

もうパイプカッターでいい

 レーザーヘッドを固定し、旋盤パイプ端付近に位置させる。

 いちおう通常通りにエアーを送り出し、旋盤を高速回転させる。そして、レーザー照射!

 ところが、一瞬で切断されると思ったものが、いつまで経っても切断されない。
 切断されるはずの部分はオレンジ色に赤熱するのに、なぜか切断されない。
 延々と照射を続けると、遂にパイプ端が弾け飛んだ。

 異様に長時間を要して切断されたパイプは、旋盤を使ったとは思えないような汚い切断面になっていた。手で回した時よりも、酷い。

 更に、照射時間が長かったことで広範囲に変色してしまった。

 この結果を見ると、パイプを高速回転させたことでレーザービームの照射面積が広くなったのと同様の状態になったようだ。それにより、なかなか切断できない上に与えたジュールだけが大きくなったと。

 旋盤のモーターをステッピングモーターに換装し、スムーズな低速回転させつつレーザーを照射すればうまく行くかもしれない。だが、そこまでの手間を掛けるぐらいならもう「頑張ってパイプカッターで何とかしよう」という気分だ。

 レーザー照射が長時間に及んだことで極めて高温になり、切断したパイプは弾け飛んだ先のボロ布を焦がしてしまった。実際には、炎まで上がっていた。

 ここまで皮算用がこっぴどく粉砕されたのは、ガスガンにコイルガン電磁弁を組み込んだ時以来だ。

written by higashino [レーザーカッター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4