Darkside(https対応しました)

2022年03月04日の記事

2022年3月4日(金) 21:20

原点復帰いちおう成功

 これは、Sタンク製作のための図面である。折り曲げるための切れ込みを入れたい部分が、点線データーになっている。これで切り出し、点線状の部分を照準用レーザーポインターがなぞるように位置を調整。出力を落としたレーザーを手動で照射することにより切れ込みを作成という皮算用である。
 面倒臭いが、何とか運用回避できそう。

 ところがこのデーターを g-code 化しようとしたところ、Fusion 360 が頑として加工順番を無視しやがる。点線状の部分を先に切断し、最後に周囲を切断しなければならない。さもないと、部材による位置保持ができなくなり、加工位置が狂う。
 どうやっても周囲を最初に切断しやがるので、仕方なく点線部分を周囲を別々に g-code 化。手作業で編集し合体させてみた。すると、意図通りの順番で加工される g-code が無事に出来た。ちゃんと動作するかどうかは、レーザー電源を入れない状態の Candle で確認している。

 だが、あっさりと合体できたことで気付いた。
 望む位置にヘッドを通常速度(毎分500ミリ)で移動させるのは、簡単なのではないか?
 ならば原点にヘッドを通常速度で移動させる g-code だって、簡単に書けるのではないか?
 試しに、最後の Z1 の後に X0 Y0 と挿入してみた。すると、切断完了後の原点復帰が通常移動になり、異音を発することなく正確にヘッド復帰できた。

 これは同様に、開始時の移動も通常速度に出来てしかるべきだ。
 結論としては、G0 を G1 に書き換えるだけで良かった。いや、あと S600 M3 は削除。
 こうして、あっさりと異音問題が解決。2パス加工も可能となり、切れ込みを手動で頑張るようなことも必要なくなった。

 ただし、最初に妙な座標エラーが出る。無視するとツールパスがおかしくなり、しかし2回め以降はおかしくならない。いろいろトリッキーなことやってるので、ある程度のトラブルは仕方ない。

written by higashino [レーザーカッター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4