Darkside(https対応しました)

2022年05月19日の記事

2022年5月19日(木) 22:39

自作に挑戦しよう

 現状でも、膨大な処理時間を待つ忍耐さえあれば、長いクリップでも VR180 3D 化できる。
 だが、3070 というそれなりに速いグラボ積んでいるのに、正距円筒変換に活用されていないのはもったいない。今後のことを考えると、自前でグラボを活用するための環境構築に挑戦する価値はある。
 グラボ活用をできるだけ手軽に行おうとすると、現状では OpenCV + CUDA がベストな気がする。試してみよう。

 まず、CUDA Toolkit をダウンロード。2.5ギガもあるのか!
 同様にcuDNN もダウンロードしようとしたが、↑と同じページに飛ばされる。統合された?

 インストーラーが無礼なことに、Davinci Resolve を勝手に強制終了させやがった!
 おかげで、12時間も処理が進んでいたエンコードがパーに!ふざけるな!
って言うかインストールには再起動も良く付いて来るから、どっちみち長時間エンコの裏でインストール作業ってのは無理だったのだ。
 この際だから、Visual Studio 2019 も入れておくか。

 ところが、GeForce Experience を実行すると、Davinci Resolve が最適化対応に入っている。

 これで実行し直すと、エンコードがほぼ倍速になった。パーになった12時間を取り戻して余りあるほどだ。今後も大量にエンコードは続くことを考えると、これは大きい。
 ならば続きをやろうとして、Visual Studio 2022 の方を入れるべきだったと気付く。こっちもインストールしてと・・・相変わらず巨大である。

 何度か cuDNN をダウンロードしようとして、とっくにログインしているのにログインを要求され、いいかげんキレそうになったところで会員情報編集画面になった。そして何とか無事に本当のダウンロード画面らしき場所に到達。
 ほんとパソコンの環境設定は時間泥棒だ。

  いよいよ、OpenCV を入れる
 Python は既に 3.10 が入っていたので、opencv を使えるようにする
 サンプルプログラムで、無事に画像が表示できた。

 あとは正距円筒変換を、Python と c++ どちらか簡単に処理できそうな方で作ってみよう。

written by higashino [Virtual Reality] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4