Darkside(https対応しました)

2009年01月の記事

<< 前のページ | 次のページ >>

2009年1月26日(月) 17:22

104って何だよ

 既に散々写っていたわけだから鈍かったと言わざるを得ない。だが、ブログ掲載用の写真を見ていて気付いた。青い半固定抵抗の値が異なっている!
 2つの半固定抵抗は、1つがコンデンサーの充電停止電圧を設定する。もう1つは、外部のPICに充電完了を通知する電圧を設定する。そして、両方とも10KΩを使用した。つもりだった。

 だが、抵抗値は一方が103 すなわち10KΩなのにもう一方は104 すなわち100KΩではないか!

 秋月で買った時に両者が混ざっていて、それにずっと気付かないまま来てしまったのだ。
 104 の方は基板のコーナーなので交換作業はし易そうに見える。だが、基板裏側は微妙な作業で苦労して取り付けたショットキーバリアダイオードが重なっており、これを一度外しての交換作業はうんざりする。これまで配線ミス等で何度かパーツを外したが、ここは外す気になれる場所ではない。

 理屈の上では、このまま放置しても大した影響は無いと考えられる。

 右図においてAB間の合成抵抗値だが、本来の1)では5KΩである。これに対し、一方が間違って100KΩに替わっている現実の2)では約9KΩになる。これをGNDと330Vコンデンサー間の合計抵抗で見ると、2010KΩの予定が2014KΩになってしまったに過ぎない。

 次にAの電位で見ると、1)ではコンデンサー電圧の 5/2010 程度だが2)では5/2014 程度。これまたほぼ同じだ。
 Bの電位は1)が 10/2010 なのに対し2)では 14/2014 と少々異なる。だが、電圧の設定範囲が変化するだけでこれも機能には影響がない。

 一番問題なのは半固定抵抗を回してCの電位を変化させる場合だ。ところがこれも機能的にはほぼ変わらない。抵抗は 10KΩに100KΩとかなり違うが、中央に調整すればCの電位はAとBの中間電位になることに変わりはない。ボリューム位置がどの割合に設定されていても、抵抗値の絶対値とは無関係に、Cの電位はボリュームの位置だけに依存して決まる。
 もし一方の抵抗が 100KΩ にすり替わっていることに最後まで気付かなくても、全く違和感無しに想定通りに調整作業が完了するだろう。自分が 10KΩの側を回しているのか 100KΩの側を回しているのか、刻印を見ずに判別することは不可能だろう。

 という訳で、このまま放置して動作試験することに決めた。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年1月25日(日) 16:30

24V

 秋月の積層セラミックコンデンサーで100μF の超大容量タイプは残念ながら 6.3V だった。10V のがあれば電解コンデンサーの置換に活躍するのだが・・・

 25V 10μF を10個並列 100μF として使うと、パーツ代は125円となる。それなりに高価fだし手間も掛かるものの、OSコンよりコンパクトなのは捨てがたい。価格だってOSコンより何割か高いだけであり、極性もなければ寿命も長いのはメリット。性能もOSコン以上・・・のはずだが果たしてそうか?
 一応LCメーターで確認してみる。この手の容量優先セラコンは質は悪いとされている。

 周波数1KHzにおける容量は、OSコンが91μFなのに対し合成セラコンはギリギリで80μFを上回る程度。やや少ないが仕様上は容量が表示のマイナス20%まではあり得るとされており何とか合格。
 品質に関してもOSコンに比べて2倍程度はある。
 つまり、OSコンより小さくて性能が高く、価格もちょっと高い高給OSコンみたいな感じで使えそうだ。

 SUW の腹に取り付ける。OSコンに比べて出っ張りを小さくできる。

 24V の出力側はともかく、エネループ6本の入力側は 10V 品でいいのだが適合する製品が手に入っていない。このサイズなら 25V 品を流用しても構わない。

 高価でも高性能なパーツを使用し性能を追求する。それが自分の場合は携帯機器製造の方針だ。ただ、ソレで言うと MC34063 は必ずしも適切ではない。電流検出の電位差が0.25Vもあるのが痛い。このドロップ分は確実に無意味に熱に変わっている。150円のこのパーツを、もっと高価だがもっと小さな電位差で検出してくれるパーツに交換したいものだ。
 単に代替パーツを発見出来ていないだけなんだけど。

 24V供給線を引っ張り回す。

 コンデンサー充電器だけでなく、モーター駆動用Hブリッジにも同時に供給する予定だ。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年1月24日(土) 19:09

今度はパスコン

 オペアンプと MC34063 にパスコンを付け忘れてと気付く。既に実装が進行しているため、作業が厄介になっている。

 オペアンプの方はまだパターンが見えているので楽。先に片づける。
 通常の50V 0.1μFな汎用の青いパスコンに、品質二の次容量命の秋月セラコン25V 10μFを組み合わせてある。
 既存の配線と短絡しないか冷や汗だ。慎重にパーツの位置と足の引き回しを決める。

 MC34063 の方は既存の配線を外さずに手術するのは無理だ。電流検出抵抗と赤い配線を分離する最小限のメス跡で外科手術に挑戦。

 問題点として、まっとうにパスコンを付けてしまうと J607 がOFFになってもパスコンから Vcc 供給されてしまう。これでは J607 のスイッチングが遅延となる。そこで、パスコンとしての効力が低下するが J607 のソースに接続する。

 GND 側にもハンダ付けし、電流検出抵抗を元に戻す。

 順調にパーツ点数増大中。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年1月23日(金) 17:54

ここで一段落

 ほぼ組み上がったところで、35分の1ストームタイガー用の充電器と並べてみる。

 全長はほぼ同じ。幅が5ミリほど広い。大型コイルを使用した影響がでかい。

 高さも5ミリほどアップしている。やはりコイルが厚いことと、それを理由にして背の高いパーツを許容したせいだ。許せる範囲内ならパーツはでかい方が操作性が良くなる。

 35分の1と24分の1というスケール差を考え、要求性能の差を考える。この程度のサイズアップなら成功と言えるだろう。

 組み立てミスがないか確認開始。K3132 のゲート駆動に18Ωを入れ忘れていたのに気付く。幸い最も作業し易い位置なので、簡単に挿入完了。

 TLP250 の24V電荷溜めには、電源を接続するためにピンヘッドをハンダ付け。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年1月22日(木) 17:25

付けたばかりなのに

 付けたばかりなのに配線ミス発覚!

 J607 のドレインとソースを交換したのはいいが、MC34063 の Vcc だけ忘れていた。これも間違ってソースに接続されており、それでは J607 のスイッチングとは無関係に常時給電されてしまう。MC34063 の Vcc は既に配線の下敷きになっているため、パーツを外さないと作業できない。

 パーツを外すたびに、ショットキーバリアダイオードも付け直しになってしまう。

 最短距離でドレインに接続するのは大手術になってしまう。仕方なく J607 にピタリとくっつけてジャンパーを這わせる。ここはコイルも近接設置されるため、短絡事故を防ぐにはジャンパー線をコーナーすれすれに待避させねばならない。

 やっと現状復帰。

 掘った穴を一度埋め戻してから再度掘るみたいな、うんざりする作業だ。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ | 次のページ >>

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4