Darkside(https対応しました)

2018年03月の記事

<< 前のページ | 次のページ >>

2018年3月26日(月) 22:40

壁接触は速い

 自動運転は、時間が掛かる。この手のスクリプトを使い始めた数年前は、得られた最適操作を30フレームとか50フレームとか続けていた。更新を1フレームごとにやっていたのでは、時間が掛かり過ぎるからである。
 しかし製作品質は1フレーム更新が勝り、時間が掛かると言っても典型操作パターン周辺を絨毯爆撃するのに比べればどうってことはない。そこで最近は、すべて1フレーム更新(ランバナウトのように2INTのゲームは2フレーム更新になる)にしている。

 時間が掛かると言っても、一晩走らせれば相当に進む。
 途中で気付いたが、やはり壁ターンの方が速そうだ。壁に接触させない自動運転(左)と、1回目の壁接触だけOKとする自動運転(右)を並行して走らせ、比較する。

 その結果、やはり1回接触を許容した方が遥かに速い。接触直後は一時的に減速するが、イン側に弾かれることでアウト側に膨らむ余地が大きくなり、アクセルをより強く踏み込むことが可能となる。
 速く走るためには、もちろん壁接触時の減速が小さくて済むようにぶつけねばならない。それは、自動運転スクリプトでほぼ自動的に実現される。

 後は、速度差が開く一方である。ただし、このスクリプトが有効なのは、このもう少し先までだけ。フルに右旋回しなくても、一時的に直進可能になる。それに合わせて、手動介入が必要だ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年3月25日(日) 22:18

スタート部分

 N390の出足が余りに悪いため、#05ではDRAGに対するアドバンテージが無いと判断。時速100キロまで4秒90も掛かるのでは、スタートをセーブしたDRAGの方がまだ速いのは間違いない。
 そしてスタート部分を通過すれば、圧倒的な性能差でDRAGの優位は動かないだろう。

 そこで#05は取りあえずDRAG決め打ちで製作することにしたが、それでもスタート部分をどう最適化するかが頭の痛い難題だ。
 アクセル値を乱数にしてモンテカルロ法なんてのも頭に浮かんだが、モンテカルロ法を効果的に使うにはこれまた典型成功例が欲しい。乱数で操作するなどというのは、有望なパラメーター範囲が分かっていないと速い解が得られる確率が下がり過ぎる。

 いっぽう典型成功例があるなら、既存の流儀でスクリプトを組めば良い。

 いずれにしろ典型成功例を探そうと、手動で操作してみる。そのうちに、閃いた。これ自動運転が有効じゃないか?
 これまでいろいろ作成した自動運転スクリプトは、その多くがハンドル操作を変化させるものだった。しかし#05のスタート直後は旋回性能が絶望的に不足しているため、ツイストは右一杯固定に決まっている。

 変化させるとすれば、アクセル値となる。あとは、最適アクセル値の決定方法さえ決めればOKだ。
 これに関しては、壁に接触することなく走行できたうちで最も遠くまで走行できたもの・・・で良いと判断。200フレームというかなり長い試走を行い、減速が発生すればそこで走行を打ち切る。そして、最も遠くまで走行できたアクセル値を採用する。
 減速無しなら、200フレーム走行同士の比較となり遠くまで走ったものが速い。
 減速ありなら200フレームに達する前に打ち切るので、距離は稼げない。

 これでスクリプトを組んで走らせると、皮算用通りに走ってくれそうだ。これでアクセル全開が最速になるまで自動運転し、その後は従来通りに製作すれば良かろう。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年3月24日(土) 23:46

N390の評価

 テストコースで、N390のシフトタイミングを調べる。
 初期加速が非常に悪いため、旋回タイミングを図り辛くて苦労する。スクリプトを繰り返し走らせて実地調整。

 テストコースは曲がっているため、旋回抜きでは調査できない。ゲームによっては長大な一直線コースを走らせることも可能であり、やはりテストコースはそういうものが欲しい。

 時速100キロに達するまで、4秒90も要する。ハーレーでさえ3秒40だ。
 CB427が2秒43で、DRAGなら1秒33。

 このマシンは、いったん速度を上げたら90キロ以下に落としてはならない。そういう走り方が可能な状況でないと、威力を発揮しない。使い所が難しい。

 時速200キロに達するのは、7秒96。
 CB427の9秒50を逆転している。つまりは、100キロ越えてからの加速は強烈だ。とはいえ、3秒フラットという直線番長DRAGの敵ではない。

 DRAGが時速100キロから時速300キロに加速するまでは、4秒90を要する。N390が100キロに達するまでの時間と同じだ。
 では、N390が時速100キロに達してから更に4秒90加速を続け、スタートから9秒80経過したらどこまで速度が上がるか?

 試してみると、時速243キロだった。

 初期加速も、それ以降の加速も、DRAGには遠く及ばない。
 ただし、100キロ以降の加速はCB427より上。
 よってN390の使い所は・・・

1)スタート時以外は低速走行不用(時速90キロが目安)
2)DRAGでは旋回性能的に苦しい

以上2つの条件が揃う舞台ということになる。
 破壊して回るとか設置して回るリクエストには向かない。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年3月23日(金) 22:14

意外に難物

 DRAGのスタート時は、ホイールスピンが問題になる。

 いきなり急旋回を要求されるので、スタート時から右一杯のツイスト固定でホイールスピン抑止スクリプトを動作させる。
 すると、ロクに曲がらないうちに壁に突っ込んでしまった。衝突角度が深いため大減速してしまい、壁反射どころではない。

 実機プレイでも当然問題になるが、実機だとホイールスピンさせてしまい初期加速が悪いため、もっと浅い角度で突っ込むことになり壁反射が機能する。
 だったらTASもそうすれば・・・で済まないのがTASだ。どれぐらいの角度で壁反射させるのが最速なのか?いやそもそも壁反射させない方が速いのではないか?壁反射を回避するパターンでの最速とは?

 TASにおいては、最速のみが成功であり見た目ノーミスでも最速以外は失敗だ。だから、解は自明ではなくどのような方針で攻略すれば良いのか相当に悩ましい。
 #05のスタート時は、頭が痛いなんてものじゃない。

 そうすると、2番目に速いN390の使用も有力だ。
 DRAGとは異なり、普通の車種なので旋回で悩むことはない。DRAGのスタート直後をどう最適化しようとも、DRAGの加速を抑止するしかないのは明白だ。だったら、加速を抑止しないN390の方が速いだろう。

 そう考えてN390をテストコースに持ち出し、シフトチェンジの最適値を調査しようとした。N390もDRAGやNSR同様に、MT専用である。
 だが、すぐに気付いた。N390は特殊過ぎる。DRAGとは別の意味で特殊過ぎる。すなわち、時速100キロまでやたら時間が掛かるのだ。非常に馬力はあるが、超高回転型で下がスカスカ。
 スタートしても全く加速せず回転も上がらず、ゆっくり速度が上がる。そして100キロ近くなると突然パワーが出て爆発加速。

 つまり、100キロ以下で走ると死ぬ「どこかの暴走バス」みたいな車種なのだ。
 これでは、スタートで実力を発揮できないDRAGの代わりは務まらない。
 余りに初期加速が悪いため、ホイールスピン抑止スクリプトでも最初からずっとアクセル全開でOKとの結論が出ている。

 ただし、100キロ以上の爆速領域の性能は一応調べておくべきだろう。DRAGとN390そしてCB427のどれが最速なのか?結論はすぐに出せない。

 ランナバウト2は人気ゲームではなく、タイムアタックは盛り上がらなかった。そのため、車種別の人力記録などどこにも存在せず、最速判定の参考にできる情報がない。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年3月22日(木) 23:14

遅々

 どうもランナバウト2は思ったほぼ需要が無いようで、モチベーションが下がり気味。

 ゲーム本編を開始するまでのメニュー操作が面倒臭い。単に最速でボタンを押すだけなのだが、単純作業なだけに製作が面白くない。製作の難易度は低いにも関わらず、進めるのが苦痛。
 それはこれまでもずっと同じだったが、そこでモチベが重要になる。

 まあゆっくり進めて行くとしよう。別に仕事じゃないのだから。

 #05は実機でDRAGのプレイ動画が残っているので、それを参考にしたい。実機では無損害に近い良い走りが出来ているので、かなり役立つはずだ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ | 次のページ >>

Darkside(https対応しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4